Pick Up

  • 2024.02.14

    箕面市の介護保険サービスの利用方法をわかりやすく解説

    介護保険サービスとは 介護保険サービスとは、介護を必要とする要介護(要支援)認定者が介護保険を利用して受けることができるサービスです。 思いのほか簡便! 箕面市の要介護・要支援認定の申請方法 「箕面市に在住している親の健康状態が悪化しています。介護サービスを利用したいが、具体的に何をすればいいか分からない…」とお困りの方へ、箕面市での介護保険サービスの利用方法についてわかりやすくご案内いたします! 1.要介護(要支援)認定の申請に必要な書類の準備 介護保険サービスを利用するには、まず要介護(要支援)認定が必要です。申請に際して必要な書類をご紹介します。 必要書類一覧・要介護(要支援)認定申請書・認定連絡票・委任状(※ご家族、代行権のない事業者が申請する場合)・介護保険被保険証・本人の身元確認ができるもの(顔写真付きのものなら1点、顔写真のないものなら2点)・代理人の身元確認ができるもの(顔写真付きのものなら1点、顔写真のないものなら2点 ※ご家族、代行権のない事業者が申請する場合)上記の書類は、箕面市健康福祉部高齢福祉室(箕面市萱野5-8-1)で受け取るか、または箕面市役所のHP[下記URL]からダウンロード可能です。[https://www.city.minoh.lg.jp/kaigo/ji/osirase/cm_sinseisho/cm_daikoushinsei.html] 2.必要書類を箕面市 健康福祉部高齢福祉室へ提出 必要書類が準備できたら箕面市 健康福祉部高齢福祉室 へ提出します。箕面市役所 所在地:〒562-0014  箕面市萱野5-8-1電話番号:072-727-9559 ファックス番号:072-727-3539何かご不明な点や気になることがあれば、箕面市 健康福祉部高齢福祉室へ問合わせましょう。 3.認定調査 箕面市の委託を受けた認定調査員が、本人の自宅を訪れて、本人の心身の状態について聞き取り調査を行います。できるだけ、家族が一緒にいる状態で、認定調査員に日常生活での悩みや問題をお伝えしましょう。 4.結果通知 一次判定訪問調査の結果をもとにコンピューターが一次判定をします。二次判定一次判定の結果、主治医意見書、専門家の意見をもとに審査が行われ二次判定をします。申請からおよそ1カ月程度で要介護・要支援認定結果が自宅に届きます。 5.在宅介護・施設介護の選択 要介護・要支援の認定結果をもとに、ケアマネジャーと相談して、自宅で介護サービスを受ける「在宅介護」か、施設に入居して介護サービスを受ける「施設介護」かを考えておくと良いでしょう。 6.ケアプラン作成 介護保険サービスを利用するには、「ケアプラン」と呼ばれる計画書を作成する必要があります。この計画書には、介護サービスの種類、内容、そして目標がまとめられています。ケアプランの作成方法は、要介護者は居宅介護支援事業所のケアマネジャー(介護支援専門員)に相談し、要支援者は地域包括支援センターに依頼します。ケアマネジャーや居宅介護支援事業所を見つける際には、地域包括支援センターで提供されている「居宅介護支援事業所リスト」を活用するのが一般的です。信頼できる居宅介護支援事業所やケアマネジャーを見つけましょう。なお、施設介護を利用する場合は、施設からケアマネジャーを紹介してもらえることもありますので、施設に問い合わせましょう。 7.介護保険サービス利用開始 介護保険を利用すると、ケアプランに基づいたさまざまなサービスを受けることができます。 まとめ 加齢や認知症等により日常生活が難しくなってきた場合は、介護保険サービスの利用を考えてみてください。施設介護を選んだ場合は施設選びには細心の注意を払い、優良な施設を選びましょう。施設介護のご相談は、「はっぴーらいふ」まで!はっぴーらいふ ホームページはコチラhttps://lifecare-happylife.com/TEL:0120-975-868(平日9~18時)

  • 2024.02.01

    高槻市の介護保険サービスの利用方法をわかりやすく解説

    介護保険サービスとは 介護保険サービスとは、介護を必要とする要介護(要支援)認定者が介護保険を利用して受けることができるサービスです。 思いのほか簡便! 高槻市の要介護・要支援認定の申請方法 「高槻市に住んでいる親の健康状態が悪化しています。介護サービスを利用することが必要かもしれませんが、どう始めればいいか分からない……」という悩みを抱えている方へ、高槻市での介護保険サービスの利用方法について分かりやすくご説明します! 1.要介護(要支援)認定の申請に必要な書類の準備 介護保険サービスを利用するには、まず要介護(要支援)認定が必要です。申請に際して必要な書類をご紹介します。 必要書類一覧・介護保険被保険者証・主治医意見書(かかりつけ医に意見書の作成を依頼してください)・要介護(要支援)認定申請書要介護(要支援)認定申請書は、高槻市役所の長寿介護課(本館1階8番窓口)で受け取るか、または高槻市役所のHP[下記URL]からダウンロード可能です。(https://www.city.takatsuki.osaka.jp/site/koreisha-ikiiki/5831.html) 2.必要書類を高槻市役所 長寿介護課(本館1階8番窓口)へ提出 必要書類が準備できたら高槻市役所 長寿介護課(本館1階8番窓口) へ提出します。居宅介護支援事業所に申請書の提出を依頼することもできます。高槻市役所 所在地:〒569-0067 大阪府高槻市桃園町2番1号 3.認定調査 高槻市の委託を受けた認定調査員が、本人の自宅を訪れて、本人の心身の状態について聞き取り調査を行います。できるだけ、家族が一緒にいる状態で、認定調査員に日常生活での悩みや問題をお伝えしましょう。 4.結果通知 一次判定訪問調査の結果をもとにコンピューターが一次判定をします。二次判定一次判定の結果、主治医意見書、専門家の意見をもとに審査が行われ二次判定をします。申請からおよそ1カ月程度で要介護・要支援認定結果が自宅に届きます。 5.在宅介護・施設介護の選択 要介護・要支援の認定結果をもとに、ケアマネジャーと相談して、自宅で介護サービスを受ける「在宅介護」か、施設に入居して介護サービスを受ける「施設介護」かを考えておくと良いでしょう。 6.ケアプラン作成 介護保険サービスを利用するには、「ケアプラン」と呼ばれる計画書を作成する必要があります。この計画書には、介護サービスの種類、内容、そして目標がまとめられています。ケアプランの作成方法は、要介護者は居宅介護支援事業所のケアマネジャー(介護支援専門員)に相談し、要支援者は地域包括支援センターに依頼します。ケアマネジャーや居宅介護支援事業所を見つける際には、地域包括支援センターで提供されている「居宅介護支援事業所リスト」を活用するのが一般的です。信頼できる居宅介護支援事業所やケアマネジャーを見つけましょう。なお、施設介護を利用する場合は、施設からケアマネジャーを紹介してもらえることもありますので、施設に問い合わせましょう。 7.介護保険サービス利用開始 介護保険を利用すると、ケアプランに基づいたさまざまなサービスを受けることができます。 まとめ 加齢や認知症等により日常生活が難しくなってきた場合は、介護保険サービスの利用を考えてみてください。施設介護を選んだ場合は施設選びには細心の注意を払い、優良な施設を選びましょう。施設介護のご相談は、「はっぴーらいふ」まで!はっぴーらいふ ホームページはコチラhttps://lifecare-happylife.com/TEL:0120-975-868(平日9~18時)

  • 2024.02.01

    奈良市の介護保険サービスの利用方法をわかりやすく解説

    介護保険サービスとは 介護保険サービスとは、介護を必要とする要介護(要支援)認定者が介護保険を利用して受けることができるサービスです。 思いのほか簡便! 奈良市の要介護・要支援認定の申請方法 「奈良市に住んでいる親の健康状態が悪化しています。介護サービスを利用することが必要かもしれませんが、どう始めればいいか分からない……」という悩みを抱えている方へ、奈良市での介護保険サービスの利用方法について分かりやすくご説明します! 1.要介護(要支援)認定の申請に必要な書類の準備 介護保険サービスを利用するには、まず要介護(要支援)認定が必要です。申請に際して必要な書類をご紹介します。 必要書類一覧・介護保険被保険者証(水色)・認定調査対象者連絡票・介護保険(要介護・要支援)認定申請書(認定調査対象者連絡票と介護保険(要介護・要支援)認定申請書は奈良市役所HP[下記URL]からダウンロードできます)(https://www.city.nara.lg.jp/site/kaigohoken/10737.html) 2.必要書類を奈良市役所 福祉部 介護保険課へ提出 必要書類が準備できたら奈良市役所 介護福祉課 へ提出します。居宅介護支援事業所に申請書の提出を依頼することもできます。奈良市役所 所在地:〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1 3.認定調査 奈良市の委託を受けた認定調査員が、本人の自宅を訪れて、本人の心身の状態について聞き取り調査を行います。できるだけ、家族が一緒にいる状態で、認定調査員に日常生活での悩みや問題をお伝えしましょう。 4.結果通知 一次判定訪問調査の結果をもとにコンピューターが一次判定をします。二次判定一次判定の結果、主治医意見書、専門家の意見をもとに審査が行われ二次判定をします。申請からおよそ1カ月程度で要介護・要支援認定結果が自宅に届きます。 5.在宅介護・施設介護の選択 要介護・要支援の認定結果をもとに、ケアマネジャーと相談して、自宅で介護サービスを受ける「在宅介護」か、施設に入居して介護サービスを受ける「施設介護」かを考えておくと良いでしょう。 6.ケアプラン作成 介護保険サービスを利用するには、「ケアプラン」と呼ばれる計画書を作成する必要があります。この計画書には、介護サービスの種類、内容、そして目標がまとめられています。ケアプランの作成方法は、要介護者は居宅介護支援事業所のケアマネジャー(介護支援専門員)に相談し、要支援者は地域包括支援センターに依頼します。ケアマネジャーや居宅介護支援事業所を見つける際には、地域包括支援センターで提供されている「居宅介護支援事業所リスト」を活用するのが一般的です。信頼できる居宅介護支援事業所やケアマネジャーを見つけましょう。なお、施設介護を利用する場合は、施設からケアマネジャーを紹介してもらえることもありますので、施設に問い合わせましょう。 7.介護保険サービス利用開始 介護保険を利用すると、ケアプランに基づいたさまざまなサービスを受けることができます。 まとめ 加齢や認知症等により日常生活が難しくなってきた場合は、介護保険サービスの利用を考えてみてください。施設介護を選んだ場合は施設選びには細心の注意を払い、優良な施設を選びましょう。施設介護のご相談は、「はっぴーらいふ」まで!はっぴーらいふ ホームページはコチラhttps://lifecare-happylife.com/TEL:0120-975-868(平日9~18時)

スタッフブログ

各施設のスタッフの声を皆さまにお届けいたします。
施設の雰囲気やイベントの様子などもお伝えいたしますので、ぜひご覧ください!

ご覧になりたいはっぴーらいふの施設を下記よりお選びください

ご覧になりたい「はっぴーらいふ」を
下記よりお選びください